Profile(JP+EN)

Hidehiro_Nakamura.jpg

©Aleksadria Rudenko

  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン

中村 栄宏

三重県桑名市出身。東京理科大学大学院工学研究科電気工学専攻修了。在学中にリコーダー活動により学長表彰を受ける。リコーダーの経歴を生かしソフトバンク株式会社にエンジニアとして入社。会社員と演奏活動の両立を続けるも、音楽家へ転向のため退社。岡田文化財団、三重県の助成を受け、オランダ・アムステルダム音楽院リコーダー専攻を栄誉賞付き満点首席で卒業。現在、同大学院に在学中。令和3年度文化庁新進芸術家海外研修生。グシュタードバロックアカデミーを修了。リコーダーをE・ボスグラーフ、J・イザック、W・v・ハワヴェ、日置美知代、吉澤実の各氏に師事。音楽理論を土田京子氏に師事。

三重県より、第20回三重県文化賞・文化新人賞を受賞。第13回現代音楽演奏コンクール「競楽XIII」において、入選(4位)及び聴衆賞。第2回テルアビブ国際リコーダーコンペティション第3位、2018年ノールトホルン国際リコーダーコンペティション第2位。 ヤマハ音楽振興会「2015年度音楽活動支援」において、将来活躍が期待できる若手音楽家として選出され、ヤマハホールでのリサイタルを行う。その演奏は「プロフェッショナルな技を披露、ホールを天空山河の空間に変えてくれた」(音楽現代)など、専門誌上で高く評価される。 第30回全日本リコーダーコンテストにおいて、独奏・重奏部門ともに花村賞(最高位)を受賞。同コンテストより、指導者賞を受賞。

古楽のみに留まらないリコーダーの楽しさを伝える事をライフワークに、精力的に活動を行う。近年では、ゲーム音楽のコンサートにてソリストとして東京室内楽団との共演や、東京リコーダー音楽祭にソリストとしても出演。「ファイナルファンタジー」ゲーム内楽曲の演奏や、YouTubeへの多重録音動画の投稿など、多岐にわたる。また、M・ペトリやJ・シュバルツァーなど、現代を代表するリコーダー奏者から激賞されるほか、向井響、西部哲哉、J・ターナー、F・カルディーニなど、多くの作曲家から作品を献呈されている。また、2017年よりオランダから日本に出荷されるすべてのアウラ・コルスマの木製リコーダーの選定を行っている。

​おんがくしつトリオのメンバーとして「おうちdeおんがくしつ」を2016年7月に発売。また、翌年9月にはピアノの安嶋健太郎氏とのデュオCD「夜明けの詩(FRCC3001)」を発売(フォーローズ・ミュージック)し、レコード芸術誌で推薦盤に選出された。

リコーダーアンサンブルのためのアレンジ作品、好評ダウンロード販売中です!

インタビュー記事掲載中!

Hidehiro Nakamura

Hidehiro Nakamura comes from Japan, has played the recorder since childhood and first studied Electrical Engineering at Tokyo Science University. He received a special award from the President of the Tokyo Science University concerning his active devotion to recorder performances. 

After graduation with a Master degree in Engineering, he started to work as a network engineer in the Japanese Telecommunication Company. 

Alongside his work, he continued to play the recorder. After a few years of working, he decided to devote his life to music and quit his job to start studying the recorder at the Conservatorium van Amsterdam in 2016, getting his bachelor degree with honor. He is now studying at the same conservatorium as a master student. He received scholarships from the Cultural Foundation of OKADA, Mie Prefecture, and Agency for Cultural Affairs Japanese Government. He is studying the Recorder under Jorge Issac, Erik Bosgraaf and masterclasses with Walter van Hauwe, Kees Boeke, Maurice Steger, Dorothee Oberlinger, etc.

Hidehiro got a cultural prize from his hometown Mie prefecture 2021. He got the 4th Prize and Selected Prize by the audience in Japanese contemporary music performance competition "Kyou-GakuXIII", and 2nd Prize in Recorder Festival 2018 Nordhorn Competition, 3rd prize in Tel Aviv 2nd Recorder Competition. He was selected by the Yamaha Music Foundation in 2015 as a young musician with a promising future. This resulted in a recital at Yamaha hall in Japan. His performance was highly acclaimed in the Japanese Music Magazine Ongaku-Gendai. 

In the 30th All Japan Recorder Contest, he got 1st prize in both Solo and Ensemble categories. Hidehiro also received a commendation as he coached a junior Recorder ensemble to success. 

He has a keen interest in not only early music but also modern and contemporary repertoire and plays many concerts. 

In 2018, he played video game music as a soloist with Tokyo Chamber Orchestra. He is admired very much by representative recorder players such as Michala Petri, Jeremias Schwarzer. 

He has been dedicated to and premiered many compositions in Japan by the eminent British composer John Turner and Italian composer Fulvio Caldini. From 2017, he has selected all Aura and Coolsma Recorders which are shipped from the Netherland to Japan.

©Shigeto

Imura